朝刊新聞折込ちらしやテレビCM「すっぴん美人」のフラコラ プラセンタエキス原液。50代、60代、70代になっても素肌がきれいなのは、いちばんの理想ですよね♪

 

70代 プラセンタ

 

年齢が高くなるにつれ肌のくすみ、かげり、ごわつき、乾燥、小じわにほうれい線、シミ、毛穴と肌の悩みは増えてくるもの。素肌の調子が悪いから、化粧ノリも悪いし、化粧もちも悪くファンデ崩れも気になったり。

 

75歳 プラセンタ美容液

 

そんなときは通常の化粧品に「原液美容液」をプラスするのがおすすめ!原液美容液とは、特定の美容成分に特化して作られている化粧品のこと。通常の化粧品では数%しか配合しない成分を、抽出エキスのまま原液100%使っているものを原液美容液と言います。

 

プラセンタ原液100 フラコラ

 

原液美容液の効果は、余分な成分や水が含まれていないため、感触が軽く、しかも浸透力が高いこと!混じりけなしの純粋原液美容液だから、その分、肌への効果も実感しやすいのが特徴です。

 

今井 プラセンタ

 

そんな原液美容液のなかでも人気なのは、やっぱり「プラセンタ原液美容液」!!命の源となる栄養素がすべて凝縮されているプラセンタは、肌の細胞レベルからの若返りに効果的。年齢とともに停滞していく肌代謝(ターンオーバー)を正常なサイクルに戻してくれる働きが高いので、肌に透明感や艶、ハリ感が♪ 素肌が変わっていくので「すっぴん」に自信が持てるようになります♡

 

効果的な使い方ですっぴん美人に

フラコラ プラセンタ原液のメリットは、いま使っている化粧品をそのまま使えること!原液美容液は洗顔後のすっぴん肌に使えばいいので、ほかの化粧品との相性を心配する必要はありません。

 

原液プラセンタエキス

 

洗顔やクレンジングをして清潔な肌に使うだけ。でも使い方で効果の出方も違うので、正しく使って早くすっぴん美人になりたいですね♡

適量を守って使う

75歳 プラセンタ美容液

 

プラセンタ原液 1回の使用量目安は5円玉大(0.5ml)です。スポイトに線が入っているところが0.5ml。スポイト線を目安に使うといいですよ。

手のひらで温めてからスキンケア

スポイトで適量を取ったら、まずはプラセンタ原液を手のひらにのせます。そのあと、すぐに顔にぬらず、まずは両手のひらで温めます。体温と同じ位に温めることで、角質層まで浸透がスムーズになります。

気になる箇所は重ねづけ

顔全体につけたら、気になる箇所には重ねづけ。とくに目元や口元、ほうれい線など小じわや乾燥、毛穴、シミが気になる箇所には重ねづけするとよりいいです。

 

すっぴん美人

 

手で重ねづけしてもいいですが、スキンケアに時間がとれるときは、コットンやポイントケアシート(パーツ用シート)にプラセンタエキス原液をヒタヒタに含ませてパックするのもいいですよ。とっても効果が早く、翌朝の肌もぷるんっとしてます♪

 

顔はもちろん、年齢がでやすい首やデコルテにも一緒にケアするのがおすすめ。年齢とともに、手の甲のシミやシワも気になるので、一緒にするようにケアするようにしています。プラセンタ原液でお手入れしたあとは、ふだんのスキンケアを続けるだけと手軽です。

 

すっぴん美人 プラセンタ原液 980円

特定の原料を他の美容成分や水と混ぜず、薄めずに使っている原液美容液は総じてお値段が高いもの。とくに、美肌成分の王様とも言われるプラセンタの原液美容液は価格も高めです。

 

すっぴん美人

 

プラセンタ原液 おすすめの協和フラコラは、1日2回、朝と夜のスキンケアで102円!手頃な価格のプラセンタ原液美容液で、たっぷり使えるのも人気。スキンケア商品はどんなに良いものでも、使用量が少ないと効果が分からないもの。でも1日100円くらいのプラセンタエキス原液だったら、たっぷり使えて続けやすい!だから、肌の変化を感じやすいというのもありますね♪

 

洗顔料やクレンジングは変えてないのに、洗顔後の肌がしっとりしたり、ファンデーションのノリがよくなったり、化粧直しの回数が減ったり、素肌の透明感に自分で驚いたり!だんだん肌のコンディションがよくなって安定してくるので嬉しいです♡

 

はじめての方はプラセンタ原液 980円からお試ししてみると安心。約15日分使えるプラセンタ原液が980円送料無料です。1人3本まで特別価格でお試しできます。